· 

専門店モデル

家電製品には色々な種類がありますが、今回は洗濯機を例にご説明させていただきます。

パナソニックの洗濯機でいうと容量・機能などで機種が分かれ、現行機種だけでも20種類程度はあります。それを判別するために商品ごとに品番が付いています。それによって価格・機能の比較などが容易にできるようになっています。

※ちなみに、品番がないと私でも去年と今年の商品の違いがわからない事なども多々あります。

 

基本的に発売時期が一緒で、同等機能、同じ容量のものは同一商品であり、同じ品番になるはずです。

 

しかし、たまに当店と量販店では発売時期がほぼ一緒で、機能・容量など、見た目も全く一緒なのに違う品番の商品が存在します。

それが「パナソニックのお店取り扱いモデル」や「量販店モデル」と呼ばれるものです。

それらは一体何が違うのでしょうか。

 

答えは一言では説明できませんが、正直、何が違うのか全く解らないような商品もありますし、かなり良い付加機能がついていて上位機種のような商品もあります。商品によってかなり異なるので、販売店に質問してみることをおすすめします。

ただ「パナソニックのお店取り扱いモデル」について、一つ共通する点があります。

それは販売した商品に対しての「メーカーと販売店の思い」という点です。

 

「パナソニックのお店取り扱いモデル」はパナソニックが販売店に対して、この商品の販売・サポートをしっかり行うことを条件に販売を許可している商品なのです。なのでインターネットで販売し、サポートも設置も他人まかせというわけにはいきません。

商品の良い点をご理解いただいたうえで、自店でサポートできる範囲内においてのみ販売し、お客様に満足していただくことを目的とした商品だといえます。なので当店ではサポート可能な近隣地域限定で販売をいたしております。